注目!新亜光学工業株式会社の低価格で高品質な製品について

>

新亜光学工業株式会社の低価格で高性能な製品を作る秘訣

低価格で高性能を実現する特許技術

新亜光学工業株式会社が、低価格で高性能の製品をコンスタントに生産できる理由としてまず挙げられるのが技術力の高さでしょう。
新亜光学工業株式会社技術力の高さを示す指標となるのが、保有している複数の特許です。
その中でも代表的なものが、駆動モーター及び光量調節装置、ステップアイリスの3つで、これらはいずれもカメラパーツの中でもとりわけ重要な装置となります。
製品を高性能化したり小型化する際に特許技術を使うことはほぼ避けらず、どうしても特許の使用料が製品に上乗せされてしまいます。
しかし新亜光学工業株式会社は特許を保有する側なので、これらの装置を作る際に特許料を払う必要がありません。
それどころか他社が特許技術を使うたびに特許料が支払われます。
このように特許によって得られる有形無形の恩恵を製品に生かしているため高パフォーマンスの製品作りができるのです。

新亜光学工業株式会社の独自技術

新亜光学工業株式会社の独自技術の中でも特に有用なものが下記のものです。

・光量調節装置の小型化・薄型化
光量調節装置はカメラレンズに入る光の量を調節する装置で、複雑な構造であるぶん大型化しやすい傾向にあります。
新亜光学工業株式会社は特許により小型化・薄型化に成功しており、スペースや部品の節約に貢献しているのです。
・駆動モーターの負荷減少
駆動モーターを動かす際に負荷や摩擦を減らしてスムーズな絞りや開口を可能にする技術です。部品同士の接触が滑らかになるので耐久性も上がります。
・ステップアイリス
本来はアナログ制御であるオートアイリス(被写体の明るさに応じて自動で絞りを調節する機能)をデジタル制御で行う技術です。
デジタルカメラや他のデジタル機器との連携が可能になることもメリットと言えます。

以上の技術を使って製品を作ることができるのは新亜光学工業株式会社の大きなアドバンテージと言えるでしょう。


この記事をシェアする