注目!新亜光学工業株式会社の低価格で高品質な製品について

>

現場で蓄積した様々なノウハウ

ODM生産で培った競争力

新亜光学工業株式会社が世間的にはあまり知られていないのは、自社のブランドを前面に押し出すことなくODM生産で各企業からの受託に徹していることも理由として挙げられます。
ODMは、委託側はブランディングと販売のみに集中し、受託側が企画立案の段階から製造までを請け負う生産方式です。
ODMではおおよそ製造に関する工程のほぼ全てを受託側が行うため技術の蓄積がしやすく、ブランディングと販売といった製造以外の段階は考えなくても良いため開発に集中できるというメリットがあります。
つまり新亜光学工業株式会社は、幾つもODM生産で受託してきた結果として開発能力を向上させ、低価格で高品質の製品を安定して製造できるようになったのです。

顧客の意見に耳を傾ける

新亜光学工業株式会社の現場でのノウハウは製造工場におけるものだけではありません。
新亜光学工業株式会社は、取引先やユーザーなどの顧客と接する場においてもノウハウを蓄積することに尽力しているのです。
実際、新亜光学工業株式会社は市場での情報収集にも余念がなく、取引先やユーザーからのクレームやニーズも積極的に聞き入れ、製品にフィードバックするフットワークの軽さも持ち合わせています。
こういった姿勢は国内市場だけでなく海外市場においても同様で、新亜光学工業株式会社は新規の販売ルートの開拓や自社工場の建設を通じて現地での業界関係者とも積極的に情報交換を行い、常に広くアンテナを貼っていることもユーザーの満足度が高い製品を作ることにつながっていると言えるでしょう。


この記事をシェアする